「企業広報の進め方 4.顧客・消費者・地域社会」

[DVD][ビデオ]でご提供中です
製品仕様ページもご参照下さい

コンテンツ

企業広報の進め方 4.顧客・消費者・地域社会

  • 第1章 顧客・消費者
    • 1. 基本
    • 2. 広報活動の進め方
  • 第2章 地域社会
    • 1. 基本
    • 2. 広報活動の進め方
  • 第3章 その他の広報

※以下の「カートに入れる」で、そのままお申込み頂けます

(税抜)

概要

企業広報は社内外とのコミュニケーションを円滑にし、企業イメージを上げることで、事業活動を側面から支援する活動と定義できます。

この広報は米国を中心に発達したことから、現在も米国企業では積極的な取り組みが行われており、広告と広報の代理店を明確に分けて対応したり、トップがイメージリーダーとして多くのメディアに登場するなど、広報活動を重要な経営事項とする会社も多くなっています。

言うまでもなく広報は企業の情報公開がベースであり、この意味でも米国企業が一歩進んだ分野といえます。

日本の場合、大企業では代理店を使うことも多くなっていますが、販促担当の広告代理店が兼務し、広告宣伝の一部として取り組むケースも多く、またトップ自身の取り組み姿勢も必ずしも積極的とは言えません。また、中堅・中小企業になると、その多くは活動自体を意識して行っていないのが実情といえます。

対象者

広報部門、経営者層

説明

様々な面で重要な広報
企業のファン層を作り上げるため、また社会の公器としての責任を果たすためにも、企業広報の役割は重要です。顧客、消費者、地域社会に対してどのようなコミュニケーションを図れば良いのか。その取り組みのポイントを解説します。

最終版製作

2012年1月

ご紹介ムービー

BISCUEの各種サービスをご紹介したムービーが、YouTubeのBISCUENETでご覧頂けますので、是非ご利用下さい。



最終更新日 2018年11月20日 |

閲覧履歴