What's new

「ビジネス用語テスト 初級 vol.1」eラーニング新発売

2018-04-03

新社会人がビジネス現場に出て戸惑うことが多いものの一つが、ビジネス用語です。会社側でも、様々な研修を用意してサポートしていますが、全てをカバーするのは難しく、ある程度は自助努力を活用したいというのが実情でしょう。

本コースはこうしたニーズを受けて開発されたもので、新社会人が戸惑うことの多いビジネス用語の意味や使い方を、手軽に学べるようになっています。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る

中国語版「全社で学ぶITセキュリティ」eラーニング新発売

2018-03-27

大規模な個人情報の漏洩が報じられる中、中国をはじめとする外国企業など、外注先へのアウトソーシングも含めた、全社的な情報管理体制・ITセキュリティの強化が注目されるようになってきました。

このうち、ITセキュリティ強化について重要になるのが、一般ユーザーの知識レベルのアップで、外国人スタッフも含めた、全社員に対する、多言語によるITセキュリティ教育が必須アイテムとなってきています。

本作は、こうした状況を背景に、ユーザ企業から寄せられる要望を受けて開発されたもので、一般ユーザーを対象に、インターネットの仕組みや、そこに潜むリスク、使用上の注意点などを、中国語で分かりやすく解説しました。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る

研修の効率化を支援する eラーニングサービス「BISCUE TS」新発売

2018-03-20

当社では、定額制のeラーニングサービス「BISCUE LS」を、企業の自己啓発支援の用途を中心に提供し、利用企業・団体数は5,500社を超えるまでになってきました。

22ジャンルの多様なコース、スマホ対応、シンプルなインターフェースで利用者数は増えていますが、その中でユーザ企業様から、これを研修に活用できないかとの要望が挙がっていました。

「BISCUE TS」は、こうした声に応えて開発したもので、研修の企画から、実施・管理・評価・フィードバックまでの一連のプロセスを効率化し、研修のROI(投資効率)を最大化するためのものです。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る

「日本の歴史 幕末から明治を駆け抜けた人々(1)」eラーニング新発売

2018-03-13

世界の中で日本の国力が徐々に落ちる中、歴史の中に解を見出そうという動きがあります。

特に、幕末から明治にかけての激動の時代には学ぶところが多く、この頃の日本史を学び直したいという声はよく聞かれますが、そのための時間はなかなか捻出できないのが実情です。

本作は、こうしたビジネスパーソンのニーズに応えたもので、幕末・明治にかけて活躍した人々の姿を通して、変革を遂げた日本の歴史を簡潔に解説します。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る

英語版「マーケティング・リサーチ」eラーニング新発売

2018-03-06

国内で雇用した外国人スタッフや、進出先で雇用した現地スタッフには、言語や、トレーナーの手配の問題から、十分な教育ができないケースは珍しくありません。

一方で、こうしたスタッフは、バックグラウンドも様々なため、基本的なビジネス知識は、きちんと身につけさせたいというニーズは、益々高まっています。

本コースは、こうした企業の声に応えて開発されたもので、マーケティングの第一歩であるリサーチの基本を、英語で解説しました。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る

英語版「セルフモチベーション」eラーニング新発売

2018-02-27

モチベーションアップを、社員教育の課題として取り入れる企業が数多くあります。

中でも近年人気が高いのが、外部の力を借りるのではなく、自らがモチベーションを上げ、コントロールするスキルで、“セルフモチベーション”と呼ばれます。

但し、外国人スタッフのいる会社では、準備やコストが間に合わず、やむなく外国人は対象外とするケースが珍しくありません。

本作は、こうした企業からの要望に応えて開発されたもので、セルフモチベーションアップのヒントを、英語のネイティブスピーカー向けに解説しました。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る

「全社で学ぶ内部統制」eラーニング新発売

2018-02-20

企業が、利益だけを追求していては存続できない社会になり、「内部統制」は、組織内教育の欠かせないテーマの一つとなっています。

一方、管理者から新人まで、多忙な業務の合間に行う研修は、本人や組織への負担も大きいのも実情です。

本作は、こうした状況に合わせて開発されたeラーニングコースで、内部統制の基本や日常業務での注意点などを、簡潔に解説しました。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

トップへ戻る


最終更新日 2018年04月03日 |

閲覧履歴